集客力を高めるサイト作り

サイト制作を依頼する

サイト

ホームページを見てから、物件について問い合わせる人が増えています。
これは最近の不動産会社に見られる共通した傾向です。
そのために不動産会社の経営者もホームページの重要性を強く認識しており、質の高いウェブサイトの構築に力を入れています。
パッケージ化された制作プランであれば、初期費用は10万円程度なので、個人経営の不動産業者でも導入しやすいです。
テンプレート式のプランから選ぶのが、ホームページ制作費用を節約するコツであり、その一方で更新にこだわるのがポイントです。
誰でも気軽に更新できるシンプルな構造であれば、新着の物件情報を紹介して、成約に結び付けたい場合にも便利です。
企業イメージに合わせてホームページを作りたいときには、これまでの納入実績を調べて、ウェブ制作業者を選ぶとよいでしょう。
とりわけ不動産会社が意欲的に導入しているのは、メール問い合わせフォームも完備している、スマホ対応のサイトです。
スマホを活用して住まい探しをする人が増えている背景もあり、小さな画面でも見やすいホームページを作るメリットは大きいです。
更に賃貸物件に特化したサイトや、新築一戸建てを中心に紹介するサイトを作るのが、最近のホームページ制作のスタイルです。
特定の顧客層にターゲットを絞ったサイトを作ると、アクセス解析によって、宣伝効果がすぐに確認できるでしょう。
またアクセス数などのデータを参考にして、こまめにサイトをリニューアルするとPRの効果を高めることができます。

集客対策も万全に

サイト

多数の顧客に不動産の情報を知ってもらうには、住宅情報サイトに掲載するのが定番の方法です。
ただし毎月の掲載料がかかりますし、情報は横並びで、自社物件だけを特別にアピールすることはできません。
自社のホームページを製作すれば、物件の魅力を細かく伝えられるというメリットがあります。
また不動産情報以外にも、地域情報やコラムなどを掲載して、自社のイメージを向上させることができます。
プロの製作した見栄えの良いホームページなら、顧客からの信頼性も高まるでしょう。
逆に見た目や操作性の悪いホームページでは、怪しげな会社というイメージを与えてしまうかもしれません。
不動産ホームページ製作サービスの多くは、月額料金制で製作と運用を代行しています。
料金は大手情報サイトの掲載料より安い場合もあり、容量も大きくなっているので、ほぼ無制限に不動産情報を掲載できます。
物件情報の更新も簡単で、パソコンの初心者でも管理しやすいのが特徴です。
せっかくホームページを製作しても、閲覧者が少なければ意味がありません。
専門業者のサービスにはSEO対策も含まれており、検索エンジンを通じて多数の閲覧者を集めることが可能です。
もちろんスマートフォンに対応したホームページも作れます。
新しく不動産事業を立ち上げる方だけでなく、すでにホームページを持っているが反響がイマイチという方も、見やすく管理しやすいプロのサービスを検討してみるとよいでしょう。

売上の上がる宣伝手法

サイト

不動産を売買している専門業者は、どのようなプロモーションをするべきなのでしょうか。
最も大切なことは、多くの人に自社が持っている不動産をアピールすることです。
たとえば、東京の不動産業者の場合は、東京だけでなく日本全国のお客さんに宣伝する必要があります。
なぜなら、物件を欲しがっているのが東京に住んでいる人とは限らないからです。
そんなときに有効な宣伝としては、ホームページが活用されています。
安い価格でつくれますし、管理が比較的簡単だからです。
しかしながら、ホームページを構築する作業は素人では難しいものです。
余計な時間がかかってしまいますので、専門家に任せてしまったほうがいいでしょう。
ホームページを製作している会社の中でも、不動産に特化した業者がおすすめです。
どんな業界でも対応できる会社がありますが、不動産に特化した業者のほうが内容が濃くなるからです。
特別な知識を持っていますし、売上の上がる宣伝手法を知っています。
見積もりは無料ですから、いくらでホームページがつくれるのかを確認してみましょう。
自社の予算を把握し、それに見合ったホームページをつくってもらう方向でも問題ありません。
まずは数社の担当者と面談をして、どんなイメージのホームページになるかを確認してください。
そして、必ず売上の上がる内容にしてもらうようにしましょう。
文字よりも画僧が多いサイトがおすすめです。
その方が視認性が高く、ユーザーに対してアピールできます。